| テーマ  好き避け |


本当は相手のことが好きなのに、好きではないといった素っ気ない態度をとることを「好き避け」と言います。

「小学生じゃないんだから!」と思ってしまいますが、好き避けは男女、年齢を問わず見られる現象です。また、社会的に「好き避け」が起こりやすい環境があります。

今回は、「好き避けが起こりやすい環境」についてお伝えします。


好き避けが起こりやすい環境


社会的に「好き避け」が起こりやすい環境、それは「職場」や「学校」です。

そこで好き避けが起こりやすい根本的な理由は、「本音」と「建前」をわきまえる必要のある公的な場だから。「場」を壊さないようにする配慮が必要で、建前の関係を良くして全体的なバランスを整えようとする傾向があるためです。

つまり、「好き避け」というものは、「建前が重要な状況で、本音を抑え込むことによって起こる現象」と言えるでしょう。

好き避けは、学校なら「同級生」のほうが起こりやすいです。職場の場合には、同じ立場の同僚では起こりにくいですが、上司や部下などの上下関係になると起こりやすい傾向にあります。


職場での好き避け


職場で好意を素直に表現しにくいのには、主に4つの理由があります。

● 職場の人間関係に影響が及ぶ
● 恋愛が破綻しても職場関係は継続する
● 相手の状況が不明(結婚、恋人の有無)
● 「セクハラ」、「ストーカー」の社会問題化

複数の人間が一緒に過ごす時間の長い職場では、プライベートな人間関係を持ち込む事はタブーです。私的な感情と公的な立場を厳格に分ける必要があり、どうしても「好き避け」が起こりやすい環境となっているのです。

さらに、「セクハラ」、「パワハラ」、「ストーカー」などの社会問題化に伴い、職場には「もし社内に知られたとき、場合によっては社会的地位を失いかねない」という恐怖心があります。

職場での「好き避け」は、自分の本当の気持ちを知らない相手にしてみたら、決して感じの良いものではありません。「好き避け」が繰り返し行われると、職場の人間関係を悪くすることもあります。


職場で好き避けするときの心理


職場は、様々な男女が関わる中で「建前」を重要視しなければならない状況にあります。

職場で好き避けするときの心理は以下のようなものです。

「上司や先輩にツッコまれるかもしれない」
「後輩や部下に示しがつかない」
「職場で変な噂を広げられたくない」
「自分に好意的な他の女性に気付かれたくない」
「イジメられたくない」





関連テーマ


★ 恋愛心理学
★ 恋愛テクニック
★ 好きサイン
★ 好き避け
★ 草食系男性
★ 恋愛のNG行為
★ モテる女性の特徴
★ 恋愛アプローチ法
★ モテ会話術
★ 社内恋愛
★ 婚活・合コン



| テーマ  好き避け |


好きな相手を意識し過ぎて素っ気ない態度で距離をとってしまう「好き避け」。

どうしてよいか戸惑ってしまったり、恥ずかしさで本心を知られたくないために緊張で挙動不審な態度になったり、素っ気ない態度をとったりしてしまうんですね。

好き避けする男性に対して自分からも声をかけようと頑張っているのに、避けられたり冷たい態度をとられ続けるのも辛いですよね。そんな時、逆にあなたから彼を無視し始めると一体どうなるのでしょうか?

例えば、挨拶したり話しかけたりするのをやめてみて、あえてこちらが愛想をつかしたような状況を作り出してみるのです。すると、それまで避けていた彼の態度に変化が起こるでしょう。

今回は、「逆にこちらが素っ気ない態度をしたら、彼の態度がどう変わるか?」について、反応の段階別にお伝えします。

個人差もあって一概には言えませんが、ご参考にどうぞ。


(1) 初期段階の反応


好き避けする男性を逆に無視した場合、初期段階では彼の心に不安が生じます。

無視し始めた当初は、「あれ?話しかけてこないなぁ。今日は調子が悪いのかな?」と勝手に都合よく考えます。


(2) 無視がしばらく続いた段階


こちら側の無視が続くと、やがて彼の思考は次のように変化して行く傾向が見られます。

(1) 「無視されてるっぽい? どうしたんだろう?」
(2) 「そんな恋の駆け引きには乗らないよ!」
(3) 「他の女性と親密なところを見せ付けてやる!」
(4) 「も〜、いつものように話しかけてきて・・・」


(3) 気まずくなる段階


しばらく気まずい状態が続いた後に、彼の内心では自分が何をしたか、ようやく過去を振り返ります。

「僕が何かしたっけ?」
「僕に愛想つかせたのだろうか?」
「もう、僕のことが嫌いになったのかな?」
「自業自得だよなぁ・・・」

好き避けしていた彼は、あなたと話ができていた頃を思い出して自己嫌悪に陥り、それでも自分から話しかけるかどうか心の中で葛藤するでしょう。


好き避けする男性のタイプによって、さらに次の段階では「好き避け行動」が分かれて行きます。今回は、好き避け男性のタイプ別の反応についてお伝えします。


タイプ1 ますます挙動不審になる


好き避け行動には、一貫性のある「嫌い避け」とは異なり、「一貫性のない挙動不審な言動」が見られます。

この段階まで来ると、挙動不審さがますます増した言動が目立ってきます。冷たくしたり、優しくしたり、「いったいどうしたいの?」と意図が全く見えにくくなり、今まで見られなかった態度を見せるようになります。

しかし、好き避け男性は社会的体裁を気にするので、決定的なほころびは見せません。

それでも、「好き避け男性」の中では、比較的早い段階で自分から積極的行動に移れるタイプです。


タイプ2 あくまで無視を決め込むタイプ


好き避け男性の中であくまでも無視を貫くタイプの人は、プライドが相当高く、自分に厳しく芯の強いタイプと言えるでしょう。このタイプは、元々恋愛に重きを置いていません。

「意中の女性との関係が終わる」という危機感があったとしても、自分の意思を曲げようとせずにプライドを守ることを優先しやすいでしょう。このタイプは、女性を追いかけずに無視し続けます。でも、ここまで自分を貫ける好き避け男性はなかなかいないのも事実です。

プライドが高くて意思の強いタイプの男性には、余計な恋愛の駆け引きはやめておいたほうが賢明です。

もちろん、結婚後は「亭主関白」なご主人になる可能性がありますから、その覚悟はしておいたほうがよいでしょう。


タイプ3 攻撃的になるタイプ


大人になりきれない「子供っぽいタイプ」の好き避け男性に見られる反応です。

自分の想いが届かない悔しさにより、攻撃的な態度になりがちです。普段の好き避け行動がさらにヒートアップして、女性の気を引こうと必死になります。

その時の態度は、睨んできたり、すれ違いざまに嫌がらせしてきたり、本人だけに聞こえるような文句を言ったりして、本当に感じ悪いでしょう。ほかにも「他の女性と仲良く談笑する」、「他の女性と付き合う」など、女性が嫌うことを平気で見せつけてきます。

こうした行為は、あなたから何らかのリアクションを引き出すまで止めようとはしないかもしれません。

この段階では周りが見えず感情的になっているので、こうなってしまうと自分が愛されることだけしか考えられず、相手の気持ちにはおかまいなしです。女性側はどんどん気持ちが覚めて、破局の道を歩んでいることには気付かないでしょう。

自分は相手を散々に苦しめてきたくせに、自分が苦しむ状況は許せないのです。

ここまで至ってしまっては、「もうあなたには関心ない!」と、ガツンと言ってはっきり分からせるしかありません。ただ、ストーカー仮してもいけないので、だれか仲裁人を頼んでおく用心も必要かも。





関連テーマ


★ 恋愛心理学
★ 恋愛テクニック
★ 好きサイン
★ 好き避け
★ 草食系男性
★ 恋愛のNG行為
★ モテる女性の特徴
★ 恋愛アプローチ法
★ モテ会話術
★ 社内恋愛
★ 婚活・合コン



| テーマ  好き避け |


男女を問わず、「好き避け」をしてしまう人は多いですね。相手のことが好きなのに、素っ気ないふりをして避けようとすることを「好き避け」と言います。

では、なぜ好きな人を避けてしまうのでしょうか?

今回は、「好き避けをする男性の心理」についてお伝えします。

好きな人をわざと避けてしまう「好き避け」をする男性には、次のような心理が働いていると言われています。


内向的な心理


(1) 自信がなく、傷つくのを恐れて慎重になる
(2) 自分の気持ちがバレて気まずくなりたくない
(3) 周囲にバレて、噂されることが苦手
(4) 恋愛に受け身があることが多い
(5) 相手を意識し過ぎて何もできなくなる

人は、「自信が無くて好きだとはっきり言えない」、「嫌われたり気まずくなることを恐れる」、「周囲に知られるのを嫌う」などの理由から、つい「好き避け」という行動を取ってしまうのです。

恋愛感情と人間関係のバランスを保とうとして心理的にバランスを欠く場合、子供のように意地悪をすることがあります。もし本当に相手を嫌っていたら、悟られないように注意深く罠を仕掛けるはずです。

「好き避け」する男性は恋愛に受け身の人が多く、相手をわざと無視して、相手が自分に寄って来るのを待っています。一方で、相手に「嫌われている」と誤解させたくないために、チラチラと相手の動向が気になるのが態度や視線に表れています。

大人の男性でも、女性に感情的な意地悪をする場合、そこには好意が覆い隠されている「好き避け」の可能性が高いでしょう。


社会的な自制心


(1) 職場の人間関係に影響が出ることを恐れる
(2) 仕事上での評価が下がるを恐れる
(3) 女性側の状況が不明で踏み込めない

男性は告白して失敗すると、気まずくなって今後の仕事などにも影響することが予測されるため、自分に対する相手の好意を確信するまでは軽々には動けないのです。また、「セクハラ」「パワハラ」などの社会問題化も、男性を慎重にさせる大きな要因です。

また、相手の女性に彼氏がいたり家庭がある場合には、女性側の現在の状況がわからないと容易に踏み込めません。自分の好意を知られてしまうと女性に迷惑がかかると思い、今のままが二人に最も良い状況であって自分の感情を知られたくないと思っている男性もいます。


ホルモン変化によるパニック状態


急にホルモンの分泌が盛んになって、脳内がパニック状態に陥ってしまい、どうして良いかわからずに逃げ出してしまうという行為をしてしまいます。

このホルモンを自分で調節するのは無理なので、好き避けの解消には、逃げずに場数を踏むのが一番だとか。







関連テーマ


★ 恋愛心理学
★ 恋愛テクニック
★ 好きサイン
★ 好き避け
★ 草食系男性
★ 恋愛のNG行為
★ モテる女性の特徴
★ 恋愛アプローチ法
★ モテ会話術
★ 社内恋愛
★ 婚活・合コン